北山村 経済 観光

筏下り、キャンプ、温泉! 北山村に観光シーズン到来!

 日本唯一の飛び地の村で「幻の果実・じゃばら」の産地として知られる北山村は、筏下りやラフティング、キャンプなどアウトドアアクティビティーの聖地としてハイシーズンを迎えようとしている。

 紀伊山地の東部、奈良県と三重県に挟まれた奥深い森の中にあるまさに秘境。北山村を訪ねる際にまず立ち寄るべきは「道の駅おくとろ」だ。総合的な村の観光案内をしてくれる「北山村観光センター」があり、レストラン・売店と日帰り入浴もできる温泉宿「やまのやど」が隣接されている。春には清流・北山川沿いに咲く桜の名所としても知られる同所では他にも、キャンプ場やスポーツ施設、プールなども併設されており、ここだけでも北山村の大自然を満喫できるアクティビティーが揃う、まさに村の玄関口といえる。

 伐採した木材の運搬技術として600年以上の歴史を持つ「筏流し」を観光アクティビティーにアレンジした「北山川観光筏下り」は、全長30㍍もの筏の列の上に立ち乗り、熟練の筏師の櫂さばきで激流を下るもので、同村人口の10倍以上に当たる年間6000人が訪れる北山村の代名詞。5月3日から9月までの期間限定で、5.6月は土日祝日のみ、7.8.9月は木曜以外営業。対象は10歳以上75歳以下、料金はいずれも税込みで大人6,000円(8月は7,000円)、小学生3,000円。

 他にも特殊なゴムボートで急流を下るラフティングや、キャンプ、温泉なども楽しめるほか、独特の風味を持ち、長く北山村でのみ栽培されてきた「幻の果実・じゃばら」の加工品なども「道の駅おくとろ」で販売。観光や村についての問い合わせは北山村観光センターへ。☎0735-49-2324

関連記事

この記事へのコメントはありません。

Translate (翻訳) »