串本町 未分類

和歌山の魅力を再発見! 女子キャンプのススメ リゾート大島・鈴木稚奈さん

 テレビや雑誌、SNSなどでも目にすることが多く、空前のブームとなっているキャンプ。近年ではより手軽で優雅に自然と親しむグランピングというスタイルも登場しているが、なかでも女性だけでキャンプを楽しむ「女子キャンプ」が熱い。そこで、串本町でキャンプやさまざまアウトドアサービスを提供している「リゾート大島」の女性スタッフ鈴木稚奈さん(25)に「女子キャンプ」の魅力を聞いた。

 串本町大島で、オートキャンプやコテージ宿泊、グランピング、手ぶらキャンプなどさまざまなキャンプスタイルが楽しめるほか、ダイビングやシーカヤック、SUP(スタンドアップ・パドルボード)、無人島クルーズ、手作りトルコランプなどの体験を提供している「リゾート大島」。本州最南端、海と森の大自然を間近に感じられるとして、全国・海外からも多くのキャンパーが訪れる人気スポットだ。

 京都府出身の鈴木さんは、関東で仕事に就いていたが都会での暮らしに疲れ、田舎暮らしをするため知人の紹介で串本町へ移住。2017年に同所へ入社した。
 幼いころに家族でキャンプをしたことが自然と親しむきっかけになったが「リゾート大島」に勤める前にはキャンプやアウトドアをすることはなかったという。「仕事では常にアウトドアをいかに楽しんでいただくかをスタッフ一同で考え、訪れるお客様とのふれ合い、何よりも串本と和歌山の大自然の中で暮らすうちに自分でもアウトドアをしてみたいと思うようになりました」。
 今では宿泊主任の役職を持ち、アウトドアのプロとして活躍する傍ら、プライベートでもキャンプを楽しんでいる。休日には1人でキャンプをすることもあり、車に必要な道具を積んでいて仕事終わりに思い立ち、突然出かけることもあるという。
 キャンプといえば春夏の暖かい時期のイメージがあるが、近年では秋冬でも焚火や防寒グッズ、温かい食事で暖を取りながら、季節ならではの景色や夜には満点の星空を眺める人も多いんだとか。
 とはいえ、テントなどの設営や食事の準備、安全面など女性にとってはハードルが高い面もあるが、キャンプの醍醐味について鈴木さんは「キャンプをするにはかなりの労力がいりますが、それでも私はどちらかといえば1人派。四季折々の楽しみ方もありますが、ありのままの自然の姿を眺めているだけで日常のストレスから解放され、リセットされる感覚になれるんです」という。

さまざまなキャンプグッズで快適に過ごす

 また、これからキャンプを始めたいという初心者には、管理人がいてトイレや調理場もあるオートキャンプ場がお勧めだという。装備としては、テントや寝袋のほか、地面に敷くフォームマットやコット(折りたたみベッド)、日光や雨よけ用のタープなどがあれば便利で、キャンプ全般の相談には「リゾート大島」がアドバイスをしてくれる。
 鈴木さんの行先は県外が多く、オススメは山梨県の「黒坂オートキャンプ場」。県内では由良町の白崎海洋公園や那智勝浦町の円満地公園などだが、「一番好きな場所は、自宅前から眺める海の景色」と笑う。
 和歌山に暮らす私たちは自然の中にいることが普通で、逆に都会のような便利で華やかな暮らしを望む。一方で他所から和歌山を選んで移住してきた人は、私たちに和歌山の魅力を再認識させてくれる。家族や友人と、また鈴木さんのように1人でも自然の中に飛び込んでみれば、忘れていたふるさとの魅力を、またこれまで知らなかった新たな発見をもたらしてくれるかもしれない。

 キャンプやアウトドアについてのアドバイスなどは、気軽に「リゾート大島」へ問い合わせてほしいと鈴木さん。☎0735・65・0840。ホームページはhttps://resortohshima.com

関連記事

この記事へのコメントはありません。

Translate (翻訳) »